人民元利上げ

10/19に人民元の利上げのニュースが流れました。少し遅くなりましたが、中国銀行のサイトで市中の銀行の利率を確認してみました。

利上げ前の利率と比較した表を示しておきます。

1. 普通預金(活期存款)

2008-12-23 2010-10-20
0.36% 0.36%

2. 定期預金(整存整取)

期間 2008-12-23 2010-10-20
3ヶ月 1.71% 1.91%
6ヶ月 1.98% 2.20%
1年 2.25% 2.50%
2年 2.79% 3.25%
3年 3.33% 3.85%
5年 3.60% 4.20%

出典:中国銀行(Bank of China, www.boc.cn)

ニュースでは、

「中国人民銀行(中央銀行)は19日、預金と貸し出しの基準金利(期間1年)をともに0.25%引き上げると発表した。20日から実施する。」

という話でした。市中の銀行でもニュースどおり、1年の定期預金がちょうど0.25%上がっていました。割合は、全体に10~15%くらいの上昇です。普通預金の利率は変わらないようです。

ちなみに、CHY/JPYは、円高の影響で12.5元を切り、12元に迫る勢いです。これは、2005年以前の水準です。

過去5年のCHY/JPYチャートを載せてみます。

利上げ前に中国銀行で買った人民元(CHY)の定期預金は円高で目減りしそうですが、それは置いておいて、12月に追加で人民元買いを実施する予定です。この作戦が成功するかどうかは、50年後のお楽しみ。

関連記事

人民元の預金利率@馬坂コム

コメントをどうぞ