2009年10月 のアーカイブ

加入権がなくてもIP電話の電話番号は持てる

2009年10月9日 金曜日

我が家では,インターネット回線に@niftyのADSL接続サービス,「イーアクセス12Mコース」を使ってます.固定電話の回線はほとんど使わないので,「タイプ2」という契約で,月額3410円です.

@niftyを使っていると,@niftyフォンというIP電話が使えるらしいということは知っていたのですが,「タイプ2」の契約ではIP電話は使えないと思い込んでいました.ADSLの契約時に,@niftyのオペレータにもハッキリそう言われた記憶があります.
ところが,な,な,なんと,よくよく調べてみると,使えるらしい…

「フレッツ・ADSL、イーアクセスのADSL(イー・アクセス2年割50Mコースを除く)の場合、タイプ2(一般加入電話の契約の無い専用線)でも@niftyフォンの利用ができます。」(引用→ ソース

つまり,3410円に加えて,ユニバーサルなんとか利用料が8円くらいあれば,050ではじまる固定電話が引けるということ.

せっかくなので、申し込んでみました。申し込むといっても、niftyの設定ページにログインして、@niftyフォンを有効にすると即電話番号が割り振られます。続いて、ADSLモデムのパスワードを入力すると、勝手にモデムに設定が書き込まれて使えるようになります。

電話が使えるようになったので、早速、FAX付き電話を買いました。ホントは電話だけでよかったんだけれども、電話機単体とFAX電話機と価格差が小さかったので、あまり考えずにFAX付きにしました。送受信は問題なし。(FAXって、あまり使ったこと無いのですが、使い道あるかな…)

ちなみに、FAXは可聴音にデジタル信号を変調するので、音声の帯域幅とか、音声の時間的な伸び縮みみたいな影響を受けやすいんじゃないかな、と思います。IP電話は、音声をDigitizeして、おそらく色々な圧縮をしているはずで、通常の加入電話にあわせて設計されたFAXが使えるかは謎でした。@niftyフォンの説明のページでも、「たぶん使えます」といった曖昧な表現。

結果的には無事に使えてめでたしめでたし。
というお話でした。

Panasonic パーソナル普通紙ファクス ホワイト 子機1台タイプ (A4送信/A4受信) KX-PW320DL-W Panasonic パーソナル普通紙ファクス ホワイト 子機1台タイプ (A4送信/A4受信) KX-PW320DL-W

パナソニック 2010-01-22

Amazonで詳しく見る