umaCalc作ってみた

javascriptで、iMemo風のインターフェイスの電卓を作ってみました。

umaCalc@馬坂コム

iMemoはWinPCむけのパワフルな複素数電卓ソフトです。凄く高機能で操作性も優れており、ヘルプも詳しくて、とても気に入ってます。インラインでVBScriptも使え、あらゆる計算ができてしまいます。

ところが、私は、winPCからSolarisやLinuxにXでログインして作業をする場合が多いです。そのときに、WinPCに戻らなくても使える電卓が欲しいと思っていました。

ホントは、Xログインの際、フルスクリーンのモードではなくて、画面ごとWindowsのウィンドウに表示するようにすればiMemoを横で使えます。しかし、CADなどのUNIXのプログラムは、クリック無しでマウスカーソルの下のウィンドウへフォーカス移る、ことを期待して作られている場合が多いです。そのため、Xでフルスクリーンでログインしてしまうのが一番楽チン。

そこで、思い立って、使い慣れたiMemoのインターフェイスを真似て、電卓ソフトをjavascriptで作ってみました。ブラウザで動きます。内部計算はjavascriptのeval()に任せてしまっており、複素数や複雑な関数は使えず、最低限の機能しかありません。

ただ、使ってみると悪くないので、ここに置きました。ショボいのは習作ってことで許して下さい。

iMemo@V-Tails
umaCalc@馬坂コム

コメントをどうぞ