2011年11月 のアーカイブ

imageFORMULA DR-P215を買ってみた

2011年11月28日 月曜日

前回、家庭用ドキュメントスキャナの比較をして、CANONのimageFORMULA DR-P215を選んだところまで書きました。

ScanSnap vs imageFORMULA ~コンシューマ向けドキュメントスキャナを比較する~@馬坂コム

これが届いて色々使ってみたので、レビューしてみたいと思います。

B005X472GS Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル
キヤノン 2011-10-27

概観

下の写真は、折りたたんだ状態です。上にケータイを乗っけてあります。ご覧のとおり、かなりコンパクトです。紙書類を無くして場所を節約するためにスキャンするのですから、本体のサイズが小さいのはうれしいです。

 

パカッと開くと、下のようになります。蓋を開くことによって電源が投入されます。唯一のボタンは、スキャン開始を命令するために使用します。

 

ドライバや関連ソフトのインストールは不要

ドライバや関連ソフトの収められたDVDが付属していますが、これをインストールしなくても動作します。スキャナをPCへ接続すると、リムーバブル記憶域としてPCへドライブがマウントされます。そこにあるプログラムを実行すれば、スキャンができます。これは結構よくできた仕組みです。最近ですと、CDやDVDドライブが備えられていないPCが増えているので、そういう場合にも有難い仕組みだと思いました。

インストール無しの場合使うのはCaptureOnTouch Liteというソフトで、DVDに入っているのはCaptureOnTouchです。Liteの有り無しの違いは小さく、基本的な読み取り機能について差異は無いように見えました。多量のスキャンをするのでなければ、ずっとLiteを使い続けても良いのかもしれません。LiteであってももちろんOCRしてテキストデータをPDFへ埋め込めます。

 

USBケーブルの本数と読み取り速度の関係

本機には2本のUSBケーブルが付属し、1本は普通のmicro USBケーブル、もう1本はACアダプタのプラグになっています。USB2.0ポートを使用する場合、1本で接続しただけでもスキャンできますが、速度が低下します。2本接続することによって、本機の最大速度でスキャンが可能です。USBの電力供給の関係のようです。

下の写真は、本機の後ろ側の端子を写したものです。このように、micro USBのジャックと、DC5Vを供給するACアダプタのジャックがそれぞれあります。

USB3.0のポートがあれば、1本接続だけで最大速度でスキャンできるようです。ちなみに、旧機種のDR-150では、USB3.0ポートへ1本だけ接続しても、低速でしか動かないようです。

 

動かしてみた様子

カラー・300dpiで読み込んでいる様子です。家庭用として十分のスピードだと思います。

 

 

写真ハガキ(年賀状)は滑ってしまう

古い年賀状もスキャンしたのですが、その際、ハガキと写真を貼り合せたタイプ厚めのものは、滑ってしまってうまくスキャンできませんでした。指で押してやれば取り込むのですが、スキャンした画像は縦に伸びてしまいます。薄めの材質のものは問題ないようで、プリントした写真は問題ありませんでした。

 

惜しい点

読み込みソフトであるCaptureOnTouch Liteでスキャンしたあと、プレビューが表示されるのですが、これをカーソルで移動できないです。複数枚の紙文書を読み込んだ後、文書の縦横や方向を確認するために、パラパラと複数ページを一通り表示したい場合があります。このとき、いちいちプレビューをマウスでクリックしないと表示を移動できません。CaptureOnTouchは、特殊なインターフェイスなものの、かなり良い出来なので、ここがすごく惜しいです。

 

まとめ

ドキュメントスキャナってなかなか良いです。ガンガンスキャンして部屋を片付ける気が沸いてきます。本機種はコンパクトなので、部屋を圧迫しません。

B005X472GS Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル
キヤノン 2011-10-27

ScanSnap vs imageFORMULA ~コンシューマ向けドキュメントスキャナを比較する~

2011年11月27日 日曜日

前々からADF搭載のスキャナが欲しくてたまりませんでした。うちは狭いので、紙文書をできるだけ減らしたいためです。

こういったスキャナは、何枚も紙を束ねてセットすると、自動的に両面をデジタルで読み込んでくれて、PDFだとかjpegだとかに保存できるっていう代物です。読み込んだ文字画像を読み取って、テキストデータを抽出するようなことも可能です。これをOCRと言います。OCRをした後にテキストデータを埋め込んだPDFで保存すれば、内容を検索できるPDFファイルを作成できます。

ドキュメントスキャナを買うために、簡単に4機種の比較をしてみました。これら4機種はコンシューマ向けADF搭載ドキュメントスキャナとして、代表的なものです。

機種 PFU ScanSnap CANON imageFORMULA
S1300 S1500 DR-P215 DR-C125
FUJITSU ScanSnap S1300 FI-S1300 FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500 Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル Canon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデル
カラー 200dpi 6枚/分 20枚/分 10枚/分 25枚/分
300dpi 4枚/分 20枚/分 6枚/分 15枚/分
600dpi 0.5枚/分 5枚/分 1枚/分 4枚/分
グレー 200dpi 6枚/分 20枚/分 15枚/分 25枚/分
300dpi 4枚/分 20枚/分 15枚/分 25枚/分
600dpi 0.5枚/分 5枚/分 5枚/分 13枚/分
原稿搭載枚数 10枚 50枚 16枚※2 30枚
TWAIN × ×
Acrobat付属 × × ×
USBバスパワー ×
体積(収納時) 2.1ℓ 7.3ℓ 1.1ℓ 10.2ℓ
価格※3 約2.1万円 約3.3万円 約2.5万円 約3.1万円

※1 速度は該当機種の最大値
※2 80mg/mm^2へ換算
※3 amazonで2011年11月に調査

価格帯は2.1万円~3.3万円くらいです。価格と読み取り速度は対応しているようです。

で、スタパ斎藤氏の記事によれば、

S1300の(A4サイズ原稿の)スキャン速度は、最速でも毎分8枚(16面)。数字だけ見るとS1500の半分程度の速度ってイメージだが、実際の使用感としてはもっと遅い。

たとえば拙者の場合、通常は読み取りモードをスーパーファイン(カラー/グレースケール300dpi、白黒600dpi相当)にしている。S1500はこのモードで毎分20枚(40面)スキャンできる。が、S1300の場合はこのモードだと毎分4枚(8面)、USBバスパワー駆動だと毎分2枚(4面)しかスキャンできない。

ぶっちゃけた話、S1500のスピードを知っている者にとって、S1300のスキャン速度はヤケに遅いのであり残念であり脱力モンと言える。ハッキリ言って、多量の紙書類をサササッと効率良く電子化したいという人には、全然オススメできないS1300である。

お手頃ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300」@ケータイWatch

ということで、速度的にはS1300はちょっと遅すぎる、ということみたいです。

上記比較表でも、一番遅いのがS1300であり、次に遅いDR-P215との速度差は、グレースケールの場合で2倍以上開いています。ところが価格差は4000円程度です。サイズを見てみると、S1300とDR-P215はかなりコンパクトですが、S1300は天板が斜めになってしまうので、DR-P215に分があるように思えます。どうも、S1300を積極的に選ぶ理由は無さそうです。

読み取り速度が早い領域では、S1500とDR-C125がほぼ拮抗しています。ただ、S1500にはAcrobatが付属するので、わずかな追加投資でAcrobatが手に入ることを考えるとS1500に分があるように思えます。

私の場合、何十冊も本を読み込む元気は無いだろうということ、少しでも安いほうが財布にやさしいこと、コンパクトでないと机上や家を圧迫してしまうこと、等々を勘案して、DR-P215を買ってみようと思います。コンパクトさと、中くらいの速度、中くらいの価格です。結果はまた次の記事で書こうと思います。

Xperia mini pro SK17iアップデート

2011年11月16日 水曜日

しばらく前からXperiaの画面にアップデートの通知が出ていました。そこで今日は、アップデートを実行してみました。

アップデートは、PC CompanionなるソフトウェアをインストールしたPCが必要と表示されました。PC CompanionはPCとXperiaをUSBケーブルで接続し、メニューを選択していけば簡単にインストールできました。

 

続いてアップデートを促されるので、それに従えばこれまた簡単に終わりました。

ビルド番号が、”4.0.2.A.0.58″になりました。

主な変更点は、

  • Androidプラットフォームが新しくなる (なんのこっちゃ?)
  • GoogleTalkのビデオチャットがサポートされるようになる
  • Xperia内蔵のFacebookが良くなる
  • カメラ機能が拡張されて、2Dと3Dのパノラマ写真が撮れたり、16倍のビデオズームができるようになる
  • Sony Entertainment Network Services (なんのこっちゃ?)

らしいです。それと、いじってみて、気づいた変更点は以下でした。

  • なんかスクロールがスムーズになった(気がする)
  • 電源ボタン長押しでスクリーンショットを撮れるようになった
  • 3Gマークが↑Hみたいな表示になった(場所によっては3Gと表示されるらしい)
B005EW32AY SonyEricsson Xperia mini Pro SIMフリー キーボード搭載
SonyEricsson
 

iPod nano (1st generation) 交換プログラムに応募した(が集荷に来ない)

2011年11月15日 火曜日

11/14の朝方、Appleから「iPod nano (1st generation) 交換プログラム」なる題名のメールが届きました。

 

どうやら、バッテリーが加熱する可能性があり、経年とともに可能性が高まるということらしいです。我が家のiPod nanoちゃんも該当するらしく、無料交換の対象です。バッテリーが劣化してきていたので、ラッキーと思って、早速応募しました。

11/14の夜に交換プログラムのページからシリアルを入れて、11/15の18:00-21:00の集荷の希望を選択して申し込み、待っていましたが集荷に来ませんでした。いつ来るのかな?

2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたモデルが対象らしいので、もう5年も前に買ったことになります。交換したらまた5年使おう。

11/20追記

本日夕方、ヤマトの人が引き取りに来てくれました。どうも、交換依頼のページと実態がうまくかみ合っていないようです。

その前には、Appleから「Apple 製品修理サービスの依頼」なるメールが届きました。そこに修理IDなる番号が割り振られていて、状況が確認できるようになっていました。それによれば、「2011年11月19日: 梱包箱を送付」と表示されました。

 

B0040ZO92G Apple iPod touch 32GB MC544J/A
アップル 2010-09-02

洗面所用棚製作記

2011年11月10日 木曜日

しばらく眠っていた木工魂が、最近むくっと頭をもたげ、思わず洗面所棚を作成したので書いておこうと思います。

コンセプト

我が家は築45年の狭小団地です。そのため、 出来合いの台とタオル掛けを置いていたのですが、イマイチ面積の使用効率が良くありませんでした。また、この台だけですと、洗面所付近に収納が不足していました。そこで、

  • 洗面台の横に置く
  • 洗面台よりも出っ張らない
  • 洗濯物かごが置ける
  • タオル掛けが備えられている
  • 低コストのざっくりした作り

というコンセプトを設定しました。

材料

今回は、1 x 4材を使いました。置き場所は洗面所ですので、あんまり手をかけず、コストも安く済ます作戦です。1 x 4 材は、ホームセンターで200~250円くらいで買えます。

設計

図面はクリックすると大きな画像で見られます。棚の高さは、狭小団地の都合で1650mmです。下から3段目は洗濯物かごが入るように450mmの高さがあります。

出来上がり

タオル掛けを前面と側面に取り付けてあります。さらに、上2段には目隠しカーテンも付けました。

棚板は1×4材を3枚並べたのですが、ぴたりとはなかなかいかないので、最初から数mm空けて並べてあります。

B000A85GJW RYOBI 100Vドライバドリルキット FDD-1010KT
リョービ

関連記事

本棚製作記(1)~設計~@馬坂コム

本棚製作記(2)~道具と材料の準備~@馬坂コム

本棚製作記(3)~組立て~@馬坂コム