2011年1月 のアーカイブ

ThinkPad 16V ACアダプタ断線の修理 (1)

2011年1月12日 水曜日

ThinkPadの16VのACアダプタのプラグは、

外径 : 5.5mm
内径 : 2.5mm

というものらしい(Source : ThinkPad Clubの過去ログ)。例えば、千石電商で買えます。

マルシン MP-122C DCプラグ φ2.5(8角) @ 千石電商オンライン

MP-122Cの寸法図 出典:マルシン無線電機のカタログ

ThinkPadのACアダプタのプラグが壊れたら、これを買って修理すれば安く上がります(74円)。このプラグだと、ケーブル径が足りない場合があるので、ドリルでさらって少し広げる必要があります。また最近のThinkPadはプラグ形状が違うようなので、上図を見て刺さるかどうかご検討ください。

プラグの根元部分のコードは、かなり断線しやすいです。断線したら、コードを切断して、こいつを半田付けすればokです。プラグ近くにノイズよけのフェライトが入っている場合がありますが、動作上は無くても問題ないので、こいつを含めて切除してしまいます。

半田付けとかせずに、お金で解決したい方はこちらをどうぞ。

B001O05KKK SANWA SUPPLY ACA-65L8 ノートPC用ACアダプタ(65W)
サンワサプライ

やっぱりQMAIL3から秀丸メールに戻した

2011年1月7日 金曜日

1年くらいPCでQMAIL3を使いましたが、結局再度秀丸メールに戻しました。秀丸メールの全文検索は、インデックスを使用しないにもかかわらず、かなり実用的です。秀丸メールの検索性能が高いことを改めて感じました。

メーラって毎日使うので、色々試して転々としています。1999年以降の送信済みメールのX-Mailerヘッダをgrep|sort|uniqしてみると、

  1. Eudora-J (Mac)
  2. ARENA Internet Mailer (Mac)
  3. Outlook Express (Mac)
  4. Outlook Express (Win)
  5. AL-Mail (Win)
  6. Winbiff (Win)
  7. Becky! (Win)
  8. Shuriken Pro (Win)
  9. 秀丸メール (Win)
  10. QMAIN3

と、実に10種類のメーラを使ったようです。1年に1回乗り換えているみたいです。

QMAIL3は、HyperEstraierを検索画面から使えて、全文検索ができます。これはホントに素晴しい機能です。ところが、HyperEstraierの全文検索をするためには、「1メール1ファイル」の形式でメールデータを保存する必要があります。そのため、時間が経つに連れてメールデータのファイル数が増えてしまいます。

ファイル数が増えるに従って、バックアップを簡単に取れないという問題が生じました。ボクはpdumpfsで別のHDDにスナップショットしているのですが、メールが30万通くらい溜まってしまい、ファイル数も30万くらいになった現在、1回のpdumpfsに3時間ぐらいかかるようになってしまいました。別のドライブっていうのも、以前使っていたのを流用した古いものではあるものの、IDEで直結しており、そんなに遅くないはずです。

さらに、pdumpfsでとったバックアップのうち、不要なバックアップを削除するとき、cmd.exeで、

rd /s D:\backup\2010\12\01

みたいにして消すのですが、これにも3時間くらいかかるようになってしまいました。fast_rm.exeとか試してみましたが、状況は変わりません。結局、ファイル数が30万くらいあるQMAIL3のメールボックスが負担になってきました。

QMAIL3では、「複数メール1ファイル」も使えるのですが、これをするとHyperEstraierの全文検索が使えなくなり、QMAIL3を使う利点無くなってしまいます。そこで、ふと思いついて、以前使っていた秀丸メールに戻しました。

戻してみて、秀丸メールのサクサク感はホントに気持ちいいなぁと思いました。QMAIL3も非常に良くできたプログラムで、十分すぎるくらい高機能なのですが、秀丸みたいなWindows用にゴリゴリ作られたメーラって、やっぱり素敵です。

秀丸メールの全文検索はインデックスを使わない方法なので、HyperEstraierを使ったQMAIL3よりは遅いのですが、30万通くらいのメールは数十秒で終わるようで、十分実用的に思えます。