Microsoftの無償ウィルス対策ソフト「Security Essentials」を入れてみる

無償のウィルス対策ソフトがMicorosoftから出ているという話を聞いたので、入れてみたところ、とても良かったので報告します。ESET NOD32のライセンスが切れそうなのですが、契約更新しなくても良さそう。ダウンロードはこちらからできます。

Microsoft Security Essentials ダウンロード@Microsoft

無料のウィルス対策ソフトは他にもありますが、こいつはMS製ということである程度安定していることが期待できます。

気になる重さは、ESET NOD32と同じ程度だと思います。NOD32も当初は軽いと思っていたのですが、少しは重くなります。このMS Security Essentialsもそんな感じです。ちなみにメモリ使用量は、我が家のPCで60MBくらいです。

ウィルス対策ソフトをインストールすべきかどうかは、ナゾです。シマンテックやトレンドマイクロが収益を上げるために、無用に危機感をあおるような側面が無くは無いと感じています。必要性はよくわからないですが、よくわからないから一応入れておく、というノリでウィルス対策ソフトを入れてます。

ではいつものごとく、スクリーンショットをみてゆきます。

こんなかんじの画面。「今すぐスキャン」ボタンを押すと、

スキャンが開始します。

更新タブを開くと、こんなかんじ。

履歴タブは、こんなかんじでログが出るみたい。

設定タブのスキャンスケジュール。

設定タブの規定の操作の設定画面

設定タブのリアルタイム保護の設定。

設定タブの詳細設定画面。

MS Security Essentials なかなか良いです。今までESET NOD32を使っていましたが、もうライセンスを買う必要はなさそうです。
ちなみに、これをインストールするとI/OデータのSegClipが動かなくなります。除外されたプロセスに”C:\Program Files\I-O DATA\SEG CLIP3\OneSegPc.exe”を登録すれば、この問題は回避できます。

コメントをどうぞ