NetDriveでレンタルサーバを格安オンラインストレージにする

NetDriveってなに?

NetDriveは、FTP/WebDavホストをWindowsにマウントし、ローカルファイルと同じように扱うことを可能にするソフトです。いったんマウントしてしまえば、FTPクライアントやその他アプリケーションを起動する必要はありません。NetDriveは、非商用の使用には無料で使えます。商用に使う場合はライセンスを買ってください。1pcが$29です。

NetDriveのページ

NetDriveでマウントしたディスクでは、Wordファイルをダブルクリックして開いたり、実行ファイルを置いて直接実行したり、というような操作が行え、本当にローカルと同じように使えます。Windows搭載のエクスプローラでもftpアクセスが可能ですが、この場合にはこれらの操作はできません。

インストールは、上記URLからダウンロードしてすればおしまい。スゴク簡単。NetDriveについては、google上位にヒットする日本語情報が古いので、あまり参考にならないようです。「ライセンスが…」とか言うのも古い話です。

格安レンタルサーバがオンラインストレージとして使える!

NetDriveの機能を使うと、さくらインターネットのレンタルサーバ領域をオンラインストレージとして使うことができます。さくらインターネットはリーズナブルなので、このNetDriveを使ってマウントすれば、格安のオンラインストレージが完成です。

さくらインターネットの共用レンタルサーバの料金

容量 : 料金[円/月]
1GB : 125円
10GB : 525円
40GB : 1260円
80GB : 2500円
150GB : 4500円

@niftyの「マイキャビ」は、これはWebDavを使ったオンラインストレージサービスで、Windowsの標準機能でリモートストレージをマウントでき、マウントした後はリモートとローカルを意識することなく使えるのでとても便利です。ただ、少し値段が高いのが欠点です。

@nifty マイキャビの料金

容量 : 料金[円/月]
18MB : 無料
100MB : 525円
1GB : 1260円
2GB : 2100円
10GB : 5250円

スクリーンショット

阪大のftpをEドライブにマウントしてみます。

エクスプローラで見た状態です。ここで、README.htmlをダブルクリックすると、IEがREADME.htmlを開いて立上がります。
普通のftpクライアントでは、いったんローカルにダウンロードしてから開く必要があります。

次に、さくらインターネットをW:\にマウントしてみました。
右クリックして、新規作成→新しいフォルダ、を選択すると、図のように「新しいフォルダ」が作成されます。
右クリックして、新規作成→Microsoft Word 文書、を選択すると、図のように「新規Microsoft Word 文書.doc」が作成されます。日本語のファイル名も問題ありません。

そのほか色々設定できます。EncodingはデフォルトでUTF-8。

コマンドプロンプトからの参照も問題なし。日本語ファイル名も表示ok!

関連リンク:
・ NetDriveのページ
・ WebDAVを使ってみた@徒然なるブログ

コメント / トラックバック5件

  1. […] NetDriveでレンタルサーバを格安オンラインストレージにする@馬坂コム […]

  2. […] NetDriveでレンタルサーバを格安オンラインストレージにする@馬坂コム […]

  3. 奥井 亮 より:

    拝見しました。「NetDriveは、FTP/WebDavホストをWindowsにマウントし、ローカルファイルと同じように扱うことを可能にするソフトです」とのことで興味を持ちました。さくらサーバーのスタンダードを利用していますが、そこにこれを使えば、格安のオンラインストレージが出来上がるということと理解しました。その場合、自分がさくらサーバーのスペースはオンラインストレージ専用のサーバーになるのでしょうか。あるいは現在利用しているウェブサーバー機能と併用できるのでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

  4. admin より:

    ウェブサーバー機能と併用できますよ。
    この記事ちょっと古いです。
    最近だとskydriveなんかも結構容量取れるようなので、そういった方面もご検討ください。

  5. […] NetDriveでレンタルサーバを格安オンラインストレージにする@馬坂コム […]

コメントをどうぞ