STBeeを買ってみた

ストロベリーリナックス社製のCortex-M3 MCUボード STBEEを買ってみました。最近、ARMっていう言葉をよく聞くようになったので、ちょっといじってみようっていう思いつきです。

Flashが512KB、RAMが64KBもついていて、3000円で買えるので、とても安い!

フラッシュメモリの先頭には最初からDFU(Device Firmware Upgrade)なるプログラムが書き込まれており、PCとUSBで接続さえすれば開発を始められるようになっていました。DFU自体はストロベリーリナックスが書き込んだものです。

開発はCortex-M3用のgccが使え、これは、CodeSourcery社のWebページからWindows用バイナリをダウンロードできます。手順がSTBEEのページにあり、そのままやればとりあえずは動かせます。

いろいろ遊んでみる予定です。

Interface (インターフェース) 増刊 STM32マイコン徹底入門 2011年 01月号 [雑誌] Interface (インターフェース) 増刊 STM32マイコン徹底入門 2011年 01月号 [雑誌]

CQ出版 2010-12-01
Amazonで詳しく見る

コメントをどうぞ